がばきゃん前哨戦

テントを使いたいという発端から始まった今回のキャンプ企画

前回、ポールを忘れたためキャンプ場にテントを張ることが出来なかった惨状のリベンジである

 ワシ(エンタープライズ)の持っているキャンプ道具一式は

 

・冬シュラフ 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01N6995HD/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

最低気温-15度、快適気温-5度なので安モン特有の誇張表現を差っ引いても恐らく0度程度までは大丈夫だろう

ダウンシュラフはいいぞおじさんがダウンシュラフはいいぞと言ってきたら、ダウンシュラフを買おう

ちなみに実物を見ないでダウンシュラフを買ったらオーバースペッククソデカシュラフ納品報告が多々あります

収納サイズは見たほうがいい

財力があるならイスカなど一流メーカーならばまず大ハズレはない

寝れないと次の日地獄を見る

 

 

・夏シュラフ

アクティブ シュラフ(寝袋)600(グリーン) M-3438

こっちは夏用。みんな大好き鹿番長

何が違うのって…わからん。((ウィー)ジャガー♪)

収納袋がコンパクトなので薄いのだろう。実際薄い

 

 

・エアマット

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00FQCQIFS/ref=oh_aui_detailpage_o04_s00?ie=UTF8&psc=1

相変わらずの安モンだけれども、有ると手放せないアイテムの一つ

地面は固いし、何より体温を奪われるので敷いたほうがいい

最悪ダンボールを敷けと言う程度にはマットは要る

余談だがダンボールは空気層になっているので意外とあったけぇのである

 

鹿番長の謎マット(EVAマット。M3318)も持っているが、要らなくてもいいかな

積載に余裕があるなら二枚敷にしている。大抵無い。

 

シュラフでもそうだが、この辺は本当に人によるので「俺は銀マット一枚で寝れるぜ」って人は金を掛けないでいいアイテム類だし、体力の衰え…感じるんでしたよね?(ゆうさく)という人は金をかけるのである

 

ちなみに、一旦グレードを上げてしまうと下げれなくなるので初っ端気合を入れ過ぎると積載が削れなくなる

 

 

・調理用具一式

小型ガスバーナーコンロ〈圧電点火装置付〉クッカーセット(バッグ付)M−7903E M-7903

鹿 番 長

実際不具合がないというか、キャンプ場で料理をしないキャンパーのクズなのでコレ以上のものは必要と感じていません

お湯だけあればいい人はもっと小さくても構いやせんけれど、最近の冷凍食品は鍋にぶち込むだけでラーメンが出来たりパスタが出来たり出来なかったりするので、そこそこ底の深いコッヘルはあったらちょっとキャンプが楽しめる

 

 

・椅子

NEWトレッカー マイクロイージーチェア(レッドチェック) UC-1587

鹿

 

すわり心地をすべて犠牲にして得たものは積載性と軽量さ

悪いことは言わないからパチノックス買ったほうがいい

ちなみにホンモノックス(ここ謎言語)を持って行くとホモキャンパーたちにブルジョア扱いされてちょっとだけマウンティングがとれる

キャンプ場での快適度は次の日の体力に直結するので王道をいったほうがオススメ

積載箱を椅子テーブルの代わりでいいって言うけど、みんなバイクに箱載せっぱなしがデフォである

 

・机

トレッカー アルミロールテーブル<ミニ>(ブラック) UC-530

鹿  番  長

あまりに低すぎると使いにくいという話

 

 

・テント

リベロツーリングテントUV〈2人用〉 M-3119

鹿

 番

  長

 

今回の主役である。

最初からこれしか使ってなかったので気づかなかったのだが、周りを見てみるとよさ気なテントがいっぱいあるではないか

軽いしフライの固定もワンタッチだしすごいじゃnコレ山岳用じゃねえか!

 

ちなみに貶しているわけではなく中も広いし底はしっかりしているし機能的には満足していた(過去形)

 

破壊王

倒壊勢

 

飽きたので本番へ続く